カードローンの審査で大事な項目

カードローンを使用するためには、審査を受けます。その審査に通過できた人だけが使用できるようになっているのです。そこで、カードローンの審査において大事な項目についてお話していきます。申込み用紙にはさまざまな事を記載する事がありますけど、すべて審査に活用されて総合的に判断される事になってきます。

しかし、その中で大事な項目があって、それが収入、雇用形態、勤務年数、過去の延滞歴や債務整理歴になってきます。この4つが重要な項目になってきます。この4つすべてが審査基準をクリアできていれば問題なく審査に通る可能性が高いです。しかし、いくつかの問題点があると、審査に通る可能性が低くなってきます。

まず、収入ですけど高いほど有利になってきます。ただ、低くても審査に受からないわけではなくて、借入れ額が減る事はあっても審査に受かる可能性はあります。ただ、あまりに低いですと審査に通る事は困難です。雇用形態ですけど、正社員が一番評価が高くなります。

次に勤務年数になってきます。基本的に半年以内の勤務ですと審査に通るのは難しくなります。できれば一年以上勤務してから審査を受けるのがベストです。そして、さらに重要になるのが過去の延滞歴や債務整理歴です。過去に延滞がある人や債務整理をした事がある人は、その情報が削除されてから審査を受けるようにした方が審査に通る可能性が増します。

オリックス銀行カードローンでおまとめする